Tokyo XR Startups 第4期参加チーム

株式会社エドガ(代表 米本大河)




【VRラーニング - トレーニング&シミュレーション】
企業向けに「VRラーニング」のサービスを提供する株式会社エドガの代表米本大河は、過去にインドネシアで石炭資源のオンラインマッチングサービスを作った経験があり、そのときの成功と失敗を経営に活かし会社を率いています。
VRを教育や研修分野に活用します(特にBtoB領域での事例構築を目指します)。各種センサー技術とコネクトし、VR空間内で取得しうるデータを通して研修効果の数値化から投資対効果の測定までを行います。

株式会社ジオクリエイツ(代表 本田司)



【全ての人に最高の空間体験を!】
ジオクリエイツは、建築領域のXRスタートアップです。ユーザーの空間体験が導く新しい空間デザインのサービスを展開しています。XRでユーザーの視線や脳波を測定・推定できるようにすることで、空間や感情を可視化し、空間デザインのプロトタイピングの合理化や、関係者間の円滑な合意形成を達成します。
VRとアイトラッキングの大学院における研究を経て、設計事務所の国内外の様々なインテリアや建築のデザイン業務に関わってきた実績から、まずは設計者向けに、更に事業主やエンドユーザーも含めたサービスとして、展開します。
例えば、インパクトのあるエントランス、リラックスできる家具配置、売れる店舗、などを、XRで分析、デザインします。
その結果として得られた空間をデータベース化し、オープンイノベーションを推進することで、誰もが空間を価値認識して楽しむことが出来る、空間デザインの民主化を実現していきます。

株式会社ファボ(代表 奥野翔太)

【新時代のエンタメを創る。】


ファボは、お笑い系バーチャルYouTuber「ワラシベ興業」を運営しております。
バーチャルYouTuber運営企業としてのノウハウを溜めつつ、現在のバーチャルYouTuberのファン層をより広げるために新しいターゲット層へとコンテンツを作っていき、IP展開を計れるようなエンタメコングロマリットを目指して参ります。

株式会社ゆにクリエイト(代表 望月陽光)

【Virtual × Culture = ∞ 】


バーチャルYoutuber 事業。特定のカルチャーに特化した バーチャルYoutuber を制作しており、現在は「音楽」を題材にしたバーチャルYoutuberのプロダクト準備中。単に歌を歌う、ダンスをするといったバーチャルアイドルではなく、作曲・編曲・ミックス・音楽に関するトークといった、 広い意味での「音楽」自体をコンテンツとしたキャラクター、いわゆる「音楽オタク」のバーチャルYoutuberとして運用を行う予定。

ユニゾンライブ株式会社(代表 宮脇元康)



【次世代の音楽系バーチャルYouTuberをプロデュース】
キャラクタービジネスのノウハウが豊富な、プロデューサー、声優、ライトノベル作家(小説家)、サウンドクリエイター、3Dクリエイター、エンジニアによるチーム。
XR時代の歌姫「バーチャルシンガー」をバーチャルYouTuber活動を中心に展開します。 キャラクターコンテンツのプロデュースを得意とするプロデューサー、サウンドクリエイター、3Dクリエイター、クリエイティブディレクター、エンジニアによるチーム。第一弾として「アニメのように深い世界観のあるバーチャルシンガー」を運営。動画配信を軸に、VR/リアルを横断したライブエンターテイメント、音楽CD・配信音源の販売、グッズ販売、アニメーションフィルム化などIPビジネス展開を行います。

株式会社Healthy VR(代表 酒井一徳)


【オンライン版ドン・キホーテ】
事業内容をピボットし、新しいショッピング体験を提供するECサービスをただいま準備中です。 共同購入型のビジネスモデルを採用し、ドン・キホーテで友達とショッピングするときのような、宝探しをしていてつい購入してしまう楽しいショッピング体験をオンライン上で実現します。